不動産担保ローン Gundamer's creation パネルラインで色分けする不思議

Gundamer's creation

イラストやガンプラで脳内イメージを創造するBlogです。

Gundamers_creation_bunner_2.jpg

パネルラインで色分けする不思議

お疲れ様です。

しばらく気になってたことに、僕的に府に落ちたので書いておきます。

それはタイトルにしてる通りなんだけど、いまだに受け入れがたい表現方法です。
ふと、仕事の休憩中に思いだして調べてみたんですよ。

たぶん、これから始まってるんですよね。

1/144 RGガンダム
RGガンダム

2010年発売なので、かれこれ14年も納得していないことになる。
今後もこの方針は変わらないだろう。

いや、バンダイは凄いのよ。
システムインジェクションを活かして、部品ごとに成形色を変えて素組みでも情報量を増やしているわけですね。

誰でも手軽にカッコよく!を追求した結果なわけですね。
未塗装ではグラデーション表現とかできないので成形色で表現するのは、ここら辺が限界点かと。

しかし、しっかり塗装派でも、これを再現し、またスジボリでパネルラインで微妙に変えた色で色分けし
「RG風」にするのが流行りだした。

これは現在でも表現方法の一つになってますね。
確かにHGUCに比べて高価なRGシリーズの見た目になるのはグレードアップした感じになって高級感がでるのかもしれないけど。

価値感は人それぞれなので、それも一つの表現方法です。

しかし、僕の場合は
RGの成形色色分けは全く響かなかった。

何かで見たのだが、現地補修した箇所の塗料の違い。とか素材の違いの影響とかでしたね。
まぁ、理由とか何でもいいのですが、設定として現代塗装がベースになっているのが個人的に刺さらなかったですね。

宇宙世紀では進化した塗装かコーティングになってるハズと思うんですよね~。
ZガンダムでガンダムMk2が濃紺→白に塗り替える時に完全に塗装してましたから、あれがデフォルトになってしまったんですよね。

それにしても、やっぱり白い所は白!青のところは青!だと思うんだよね。
そういう指定色(カラーコード)だと。

一番は青のところに隣接した水色?
全く意味が分からない。カッコよくもない。
※完全に個人の意見です。すみません。

とにかく、宇宙世紀でも現代塗装をしてるとしても
カラーコードがしっかり決まっているだろうし、完全な色合わせもできるだろう。
現地改修で塗料がないなら、わざわざ色塗る必要あります?地金でいいでしょ。

あと下地素材で塗料が劣化するという考えもあるかもしれない。
だけど、宇宙世紀でそんなレベルの塗料であってほしくないと思ってます。

と、いうことで結論。
僕は、これからもRG風塗装をすることは無い!

疑問に感じてから14年経っても考えが変わらないのでね。
わざわざ、断言する必要もないことを断言しておきます。

持論が過ぎたかもな~。少しキモいか?

急にRG風塗装をやってたら指摘してください。謝罪しまーす。(;^_^A

スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2024/02/21(水) 22:18:52|
  2. 気になること
  3. | コメント:0
| ホーム | Rhino 8>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Profile

SHINO

Author:SHINO
よろしくです!

Information

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
★作品画像はこちら★(^o^)/

shino pla ch バナー
★Youtubeチャンネル★(#^^#)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード