不動産担保ローン Gundamer's creation MG  νガンダムVer.Ka 否定派

Gundamer's creation

イラストやガンプラで脳内イメージを創造するBlogです。

月面タイトル画像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MG  νガンダムVer.Ka 否定派

こんばんわ(^ヮ^)ノ

ステイメンもちゃんと進めてますが、今日は大人気の年末リリースアイテム
【MG】 νガンダムVer.Kaについて
僕のモヤモヤを発散する意味でも記録する意味でも記事にしておこうと思います。



周知の通り、このキットはVer.Kaブランドの基、新たな試みと称して
MGキットνガンダムのリファイン(Ver2.0)とEVOLVE版νガンダムデザインの取り入れとトランスフォーム。
さらに追加設定としてEVOLVE版デザインの隙間にサイコフレームを配置とデザイン的に一石二鳥~三鳥を狙ったアイデアなのは理解しています。
そのプレイバリューを活かしての収益アップとニューガンダムを再度クローズアップして過去作からの販売増加を狙っているのも企業の販促を考えれば当然のこと。

しかし、大人の事情過ぎやしませんかね?
もはや、MGキットは価格も内容も大人向けとしているので、”大人の事情”を理解している購買層ではありますが。

僕のようなアニメキャラクターなんかよりメカ好きガンプラモデラーは設定を暗黙のルールとして大事に守りつつ、その範囲でアレンジするという製作の方向性な訳で
それがガンダムというアニメ、そしてメカデザイナーに対して最大の敬意を払っているわけです。

νガンダムの元の設定というのは、ご存知の通りコクピット周辺にのみサイコフレームが配置されているMSです。
それを”劇中でコクピット周辺以外に配置していないとは言っていない。”とか設定や証言の網の目を潜った設定のこじつけはやめて欲しいと思うのです。

このキットの全貌が明らかになるまでは、皆さんもただのEVOLVE版だと思っていたはず。
その時点では何のモヤモヤも無かった。これはEVOLVE版=高解像度のハイディテール版と理解しているからですね。

しかし、装甲の展開と全身サイコフレーム配置が判明した時点で生理的にザワザワしたはず。
これは言うまでもなくユニコーンガンダムのギミックの踏襲であるからで「実はνガンダムの頃から似たようなギミックがあったんですよ」という超後付け設定なわけです。

模型なりのアレンジと言うならば、インパクトが強すぎて無責任な感じがします。


ガンダムメカに明るい方ならば理解していただけると思いますが

ガンダムUCの劇中において
ユニコーンガンダムが初の全身サイコフレームであり、シナンジュやクシャトリヤはコクピット周辺のみ装甲の隙間からサイコフレームの燐光が垣間見れる程度です。

ここで注目すべきはシナンジュで、ご存知の通りHi-νガンダムの設計の延長上にある機体なわけですが
このデザイン応用から、それまでは「小説版 逆襲のシャア」にのみ登場するメカニクスであったものが暗に本編に(設計だけでも)存在することとなった。
そのHi-νガンダムの発展型であるシナンジュ・スタイン=シナンジュがコクピット周辺にのみサイコフレームが配置されているのに対してνガンダムが全身にサイコフレームが配置されているのは、いささか変な感じがするのだ。

しかし新設定を肯定するために、例えば、設定におけるHi-νガンダムは頭頂高の低さからもνガンダムの改良型ではあるが「サイコフレームを含む新規設計のフレームは簡略化されたもの」と考えることもできる。

ムリヤリにならば如何様にも解釈は可能ではある。

このように、ガンプラファン(ガンダムファン)というものは、何とかクリエイター様の送り出してくれた設定は肯定して受け入れようとするわけです。

とにかく、模型誌面でも後付け設定に対しての「いいわけ」とも思える解釈の仕方などを記事にしている辺り、このキットの後付け設定に対して理解に苦しむ方々は少なくなさそうだ。


このような理解が困難な後付け設定はクリエイター側としてではなかろうか?

ガンプラモデラーというのは設定や時代背景を守って、ただのオレガンにならないよう気を付けているものなのに販促の面から掟破りをしてしまうのはクリエイター側としてどうなの?と思うわけです。

僕は知る人ぞ知る超カトキファンですし、現在のバンダイを作り上げたホビー事業部も超リスペクトしておりますが、このキットに関してはガッカリ感が否めないですし(本当はガッカリと言いたくない)とにかく気持ち悪く、残念でならない。


いずれ自分の中で整理し肯定すると思いますが、時間は掛かりそうです。

そもそも、ガンダムというもの自体が商品を意識したデザインであり、それが現在は先人達の懸命な後付け設定で肯定されているものなんですが。。。

どうも販促を優先した設定改変は悪い政治を見ているようで、イヤ気がさすのだ。


※飽くまで個人的な見解と意見ですので、
違う見解をお持ちの方は平にご容赦をお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/06(日) 21:41:31|
  2. 気になるモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<MG ステイメン:肩アーマー | ホーム | ステイメン:プロポ変更2>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/01/08(火) 06:45:32 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

納得♪

SHINO様

はじめまして♪MGから来て時々ブログ拝見しています。
自分も最初は年末新作と期待していましたが
今はモヤモヤとした違和感があり、まだ購入していません。

ですので、今日、SHINO様のブログを見て納得しました。
確かに、UC90年代初頭の時代背景として
厳しい設定の改変ですよね(^_^;)
ましてや、メーカーがやるとは・・・

違和感の正体がわかり、納得しました。
  1. URL |
  2. 2013/01/08(火) 21:08:43 |
  3. あーか #QHIXx.pk
  4. [ 編集 ]

時折拝見させて頂いておりますが、ちょうどνの話しでしたので。唐突に横から失礼します。

草の根活動的な個々人の解釈として、そうした"作例”が今後出てくることはあるかもな、といつだか思ったことは私もありました。ただ、
ツイッターやどこか出所の不明なイラストで「装甲が一部展開してサイコフレームがします」的なボックスアートらしきものを目にした時に、「ああ、これなら俺は買わないな」と思ったのが正直な感想でした。おそらくSHINOさんの印象と近いものかな、、、と思います。

もっとも、これはあくまで個々人の捕らえ方なのでしょう。
単純な年末商戦の目玉としては(会社としては?)充分なアイテムで、市場のニーズ等々考えると、あれが今の最適な解釈なのかもしれません。ただし「俺は買わないけど」という話で(笑。
もっと個人的なところをいってしまえば、最近のMGやRGというのが可動機構やディテールなど"至れり尽くせり"過ぎて、逆に自由度が低いとさえ思っています。頑張って研究して、解釈して、作りこむ”自由度”というのかな。。。

下手に精密なディテールやらの表現技術ばかりが上がってしまって、そのノウハウが残念な方向に昇華されたのかなー、と今回のνについては思っています。同じディテールに凝った技術でも、ビルダーズパーツやメカニカルベースは、初心者にも敷居を下げてくれた好材料だと思っているのですが。

今後どう評価されて、どう後に展開していくのか、気になるところではありますねー。
  1. URL |
  2. 2013/01/08(火) 21:38:21 |
  3. ふい #-
  4. [ 編集 ]

あーか様、コメントありがとうございます!(^ヮ^)

少々トガった記事になってしまったので賛同は得られないものと思っておりましたが
同じような感想をお持ちの方がいて良かったです。
ありがとうございます。m(_ _)m

MG νガンダムについては、間違いなく最高レベルのキットでしょうから
いずれ購入してギミックを堪能してみたいとは思っています。

設定に関しても(ある程度でも)納得のいく新設定を起こしてくれれば受け入れてスッキリしたいところではありますね。(^ヮ^;)
なんだかんだ言ってもカトキ/バンダイ大好きなのでw

今後とも宜しくお願いいたします。(^ヮ^)ノシ
  1. URL |
  2. 2013/01/08(火) 22:40:42 |
  3. SHINO #-
  4. [ 編集 ]

ふい様、コメントありがとうございます!(^ヮ^)

僕のようなメカ設定ヲタクでなければ、単純に超カッコいいアップデートとして受け入れられるんでしょうけどねw
ふい様も素直に喜べなかった様子は自分と同じような「素直に喜べない感覚」だったのでしょう。仲間だw

>市場のニーズ等々考えると、あれが今の最適な解釈なのかもしれません
その通りですね。νガンダムは未だに人気の高いMSですし、Evolve版と合わせてくる辺り、収益は鉄板でしょうw

>"至れり尽くせり"過ぎて、逆に自由度が低い
巷でもよく言われておりますね。
作り込む楽しみはHGUCが最適かもしれません。
参考までに僕の構想ですがRGは2個持ってますが、どちらも別のMSへの改造のベースと考えております。
インナーフレーム構造はセミスクラッチビルドの素材と考えれば最適かも、、と考えたりしてます。(^ヮ^)

今後とも宜しくお願いいたします!
  1. URL |
  2. 2013/01/08(火) 23:05:06 |
  3. SHINO #-
  4. [ 編集 ]

間に合わず、こちらに(;^_^A

ど〜も!
模型大好きにコメント間に合わず、こちらに書かせていただきます^ ^
少しさみしいですが、時々こちらにお邪魔させていただきます。

おいらHGUC&RG(家のスペースといじり易さで)なのでMGはよく分かりませんが、そんな事になってるんですね〜。
後からのこじつけはもうカンベンではありますね(´・_・`)
オイラとしてはタミヤやハセガワなそれなりの説得性のあるディテールなキットが希望です。
例えばステイメンの黒いライン等の意味や構造とか…軍用な面構成とか、アニメVer.とリアル(を目指した)Ver.2種同時に発売するとか^^;


  1. URL |
  2. 2013/01/12(土) 12:08:28 |
  3. キンケ堂 #r6uSoc5A
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/01/12(土) 18:37:34 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

キンケ堂さん、コメントありがとうございます!(^ヮ^)ノ

MGもおびただしい数がリリースされておりますが
最近のVer.2.0では内容の方向性は微妙にベクトルが違いますね。

例えば、ガンダムやザク、グフはアニメ調のシンプルなディテールなのに
ゲルググはハイディテールだったり。
そんな感じで方向性が迷走してますが、νガンダムのように設定までアレンジするようになったのは個人的にヤリスギに感じました。

正解のないアニメの世界ですので正しい/正しくないの議論は不毛なことですが
せめてMGである以上は公式設定を守るべきでは?と感じます。

ま、気に入らない部分はモデラー自身が修正すればいいことなんですけどw

こちらは続けて行きますので、今後ともよろしくです(^ヮ^)
  1. URL |
  2. 2013/01/13(日) 10:27:48 |
  3. SHINO #-
  4. [ 編集 ]

非コメ様、コメントありがとうございます(^ヮ^)ノ

拘りという意味では同じかもしれません。

某記事に関しては、僕も見ておりましたが
それも後付け設定の域を出ないと思っています。
やはり、根幹は公式設定とアニメ映像だと思っていますので。
きちんと公式設定としてアップデートされれば、それが神様になると思います。

そのうちリリースされるであろうサザビーVer.2.0(全身サイコフレーム配置Ver)のためにも
公式設定にしてもらいたいですね。
こちらもサイコフレームの燐光が頭部から漏れているのみなので、もしそうなったら物議をかもし出すと思いますがw

某デザインのνガンダムはアレンジラインは秀逸だと思っています。
かなりユニコーンガンダムから引っ張られすぎですが一アレンジデザインという位置づけですし
イベントディーラーさんなので自由だと思います。

今回は「マスターグレード」なのに設定を曲げる大胆さがどうも・・
全て販促のためなのが見えるのでトガった記事になってしまいました。

  1. URL |
  2. 2013/01/13(日) 10:54:32 |
  3. SHINO #-
  4. [ 編集 ]

確かに最近のガンダムを見ていてどれが本物の歴史なのかがわからなくなってきています。
機動戦士ガンダムだけでもORIGINとアニメと小説でストーリーが違うし…
Zは劇場とアニメで内容が違うし…
もし劇場が本当ならZZは??てなりますし…
パラレルがありすぎて頭痛いですね。
個人的に閃光のハサウェイが好きなので公式にしてほしいです(^-^)/
MGでΞガンダムもしくはアニメ化したらもうこの世に未練ないのに…
  1. URL |
  2. 2013/01/22(火) 23:31:59 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

匿名様、コメントありがとうございます!(^ヮ^)

急遽、中国出張になってしまったためコメント返信できず遅れましたぁ。(^ヮ^;)

そうですねぇ。確かにストーリーもどれが公式か分からなくなってますね。
劇場版ZのカミーユについてはZZに繋がらないですもんね。。

ZZの前半はオチャラケていて好みではないので、劇場版リメイクして欲しいですね。
劇場版カミーユが繋がる感じでw

閃光のハサウェイのストーリーは勉強不足で分からないのですが
ガンダムuc(0096)の次にくるストーリーですから映画化して欲しいですね!
これは僕も期待してます!(^ヮ^)ノ
  1. URL |
  2. 2013/01/24(木) 22:10:32 |
  3. SHINO #-
  4. [ 編集 ]

 やっぱり展開ギミックはあとづけですよね^^ 「 でもかっこいいからいいや 」 って感じで素通りしてましたけど、やっと僕のもやもやもとれた気がします。 ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2013/02/24(日) 18:07:40 |
  3. さすうぃっち #-
  4. [ 編集 ]

さすうぃっち様、コメントありがとうございます!(^ヮ^)

現在、中国に長期出張中にてコメント返信が遅れました。(^ヮ^;)スミマセン

この尖った記事に”ありがとう”と言われると救われる感じがします。
逆にありがとうございますw

僕はまだMG νガンダム Ver.kaを購入しておりませんので
批判するなら、キチンと購入して組立説明書まで熟読してから批判すれば良かったと反省しておりました。

帰国後に購入して吟味~解釈し”超個人的MS開発記”に加えようと考えております。www

製作はしないまでも、B社の最新技術の結晶ですので現在製作中のステイメンに活かせますしね(^ー^)b
  1. URL |
  2. 2013/02/27(水) 23:52:56 |
  3. SHINO #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして


私は肯定派ですが、この意見は確かに一理あると思います。


設定って大事ですからねぇ・・・

ガンダムが本当に好きなら、本来の設定にこだわりたいですもの。


ネームからもお分かりいただけると思いますが、Hi-νガンダム、大好きです(笑)

しかし、Hi-νガンダムを最強機体に仕上げたいという(こどもっぽい)野望を持ってる私としては、このキットを批判されると非常に困りますね・・・。

Hi-νガンダム Ver.Kaでもこのギミックがあることを期待してたのですから。


今出てるHi-νガンダム Ver.Kaの公式サイトを見た限りでは、サイコフレーム発動ギミックはなさそうです。


泣きたいです。


肯定派として意見させていただきますと・・・

嫌なら展開しなきゃいいじゃない。
公式の後付け設定?それが好きになれないなら無視すべし。それも嫌なら旧キット安定。

とおもうんですよ。


もし、Hi-νガンダム Ver.Kaが、今出てる情報のまま発売になった場合、サイコフレーム発動ギミックはついて無いでしょう・・・

しかし私は改造してなにがなんでもHi-νガンダムにサイコフレームぶち込みますよ。

やってやる、やってやるぞ・・・!
サイコフレーム発動ギミックの批判がなんだ・・・!

という感じで・・・(笑)


長文失礼しました
  1. URL |
  2. 2014/07/31(木) 20:13:25 |
  3. Hi-ν #-
  4. [ 編集 ]

Hi-νさん、コメントありがとうございます。

まぁ、好き嫌いは人それぞれですからね。
いまさら、何とも思わなくなりました。時間が解決しますねw

今回のHi-νガンダムVer.Kaにサイコフレーム発動ギミックが無いのは
やはり、批判をフィードバックしたからではないでしょうか?

Hi-νにサイコフレーム、いいんじゃないでしょうか。
カッコいいと思います。
それを具現化できるのも模型の良いところです。

是非!有言実行して下さいね!

僕はなかなか製作できておりませんから・・・
  1. URL |
  2. 2014/08/07(木) 22:56:41 |
  3. SHINO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gundamer2009.blog54.fc2.com/tb.php/217-511df62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

SHINO

Author:SHINO
よろしくです!

Information

Gundamer's creative Works
リニューアルしました。 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

HS月別アーカイブ

カテゴリー

※カテゴリー分類は11個まで

最新記事

最新コメント

リンク先新着

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。