不動産担保ローン Gundamer's creation 2014年04月24日

Gundamer's creation

イラストやガンプラで脳内イメージを創造するBlogです。

Gundamers_creation_bunner.jpg

RGガンダムMk2製作用コンセプトデザイン

こんばんわ(・∀・)ノ

実は、公私共に忙しく、RGガンダムMk2も素組して以降
全く進んでおりません(滝汗

そんな中、製作用のデザイン画を作成しました。


<製作コンセプト>

AEUGがTITANSから強奪したガンダムMk2は3機
・1機はカミーユ機(主人公)として実戦投入
・1機は保全のための交換部品としてバラされました。
・残る1機は月のアナハイム・エレクトロニクスに移送されZ計画などの実験機になりました。

ガンダムMk2は装甲こそチタン合金セラミック複合材でしたが、初の本格的なムーバブル・フレーム機で
それまでジオンのモノコック構造と、連邦のセミ・モノコック構造の技術しか持ち合わせていなかった
AE社に多大なる技術革新をもたらした。
これにシャアが譲渡したガンダリウムγ装甲生成技術が組み合わさって完成したのがZガンダム。
まぁ、ムーバブル・フレームの基礎としてAE社製のGP01の設計があって
それが連邦のフランクリン・ビダン技術大尉(カミーユの父)の下で開花したと言えるが。

実際には、これに留まらず次世代汎用機の実験にも発展しておりAE社製のガンダムMk3も開発されている。

そこで、Mk3設計のための過程としてAE社がAEUGから譲渡されたMk2を極限までカスタムした実験機を製作することにしました。


てなことで、こんな感じでイラスト書きます。
僕はRGガンダム素組と、藤田版ガンダムMk2をネットの画像で眺めながら描きます。

20140407_003240.jpg

次にPhotoShopElements7とペンタブで線画修正と色付け。
今回は簡単に不透明度と下げた色を重ねるだけにしました。

20140422_121401.jpg
久しぶりに使いました。(^ヮ^;)

そんなこんなで完成。

ガンダムMk2改jpg

藤田版の雰囲気を前面に押し出しつつ、ストレンジな膝の突起などは強化フレーム兼ニークラッシャーとしました。
特に主張しない部分はRGガンダムMk2のデザインのままとしています。


しかし、いつ完成するんだろ・・・(^ヮ^;)


ではまた!



スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/04/24(木) 00:02:28|
  2. RG ガンダムMkⅡ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Profile

SHINO

Author:SHINO
よろしくです!

Information

Gundamer's creative Works
リニューアルしました。 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

FC2カウンター

Twitter Time line

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

※カテゴリー分類は11個まで

HS月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

リンク先新着

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード