不動産担保ローン Gundamer's creation ツール

Gundamer's creation

イラストやガンプラで脳内イメージを創造するBlogです。

Gundamers_creation_bunner.jpg

3Dモデリング

ドーモです(^o^)/

今日(7/1)は計画有休で休みで3連休でした。

製作中のゲシュペンストが停滞していたのは、3Dモデリングの挑戦をしていたんですね。

っていうか、けっこう前にFDM式3DプリンターのFLASHFORGE/Adventure3を購入しておきながら
テストプリントしただけで動かしてなかったので3Dモデリングの学習を兼ねてます。
今頃かい!って感じですがね(^-^;

Adventure3_convert_20190701235153.jpg

まぁこの通り、3Dプリンターの稼働率も低いだろうことは分かっていたのでFDM式を買ったんですけどね。
光造形式のレジンの使用期限が1年くらいという記述がネットにあったのでね。
3Dモデリングに慣れてきたら次のステップで買うかもしれませんが、それまではFDM式でABSを出力できればいいかな~みたいな。

さて、3DモデリングソフトはBlenderを使いました。
凄くよくできたフリーソフトですね。Youtube動画や使い方の参考書を見ながら学習開始です。
まずはキットから切り取ったゲシュペンストのヒザを測って3面図を作りました。

<クリップスタジオで作成した3面図>
2019-07-01_(2)_convert_20190701235608.png

試行錯誤を繰り返しなんとか形になりました。
こんなに苦労するなら、プラ材で加工した方が今頃出来てるなぁと思いながらも最後まで作り切りました。
なかなかカッコいいです。
2019-07-01_(3)_convert_20190701235544.png

とはいえ、FDMでプリントしてみますが、最終的にはプラ材から改造するかも…。

まぁ、基本操作は分かったので、創作パーツが多いイオタプラス製作時には大いに活用出来そうです(#^-^#)

そうそう、今回これが非常に役立ちました。
右手でモデリングデータの操作をしながら左手で視点を操作できる優れモノです。
オススメ!
SpaceNavigator01-1280x720_convert_20190702001010.jpg


   
ワイヤレスと有線式があります。

ではまた!(^o^)/


スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/02(火) 00:31:49|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

模型誌の断捨離→ファイリング

ドーモです(^O^)/

模型誌って溜まりますよね。それはもう際限無く・・・
だから、本棚はギュウギュウになり、さらに本棚に収まらない本は床に積む状態。

皆さんはどうしてるんでしょうか?

僕は、定期的に有益な作例やHow toの記事を切り抜いてファイリングしてました。

それで今回、また床に溜まってきたのでファイリングを更新。

新しい切り抜きをファイリングし、元のファイリング記事で不要に感じるもの。
強いて言えばトキメかない記事は捨てます。
断捨離ですね。

また今回、事務用の厚紙のファイルに変更しました。
この方が長持ちしますからね。

DSC_0333-2_convert_20190616223445.jpg

そして、大事なのは必要な時に必要な記事を検索しやすいこと。
なのでINDEXを付けたい。今回これをチョイスしました。

DSC_0335_convert_20190616230716.jpg

ダイソーさんの数あるフィルム付箋の中で
これは粘着部分が半透明なので下の記事が読めます。
粘着部分も広く剥がれにくいです。

DSC_0338_(2)_convert_20190616231724.jpg

INDEXの手書きが汚い文字ですが読めれば問題無し( ;∀;)

まだまだ、断捨離したい雑誌はあるのですが
けっこう時間が掛かりますからね。

結局、1週間みっちり掛かりましたから、プラモデル触ってなくて禁断症状が出そうなので
ここらで中断してプラモに戻ります。

断捨離ファイルも復習しましたしね。(`・ω・´)


ではまた~(^o^)/




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/16(日) 23:41:52|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラモデル製作スペース Step2

ドーモです(^O^)/

製作にあたり、拡大鏡付きアームライトをテーブルに固定してみたら思いの外アームの可動域が窮屈で
しかも折角のL字テーブルがアームのお陰で狭く感じるようになりました。

DSC_0327_1_convert_20190609201519.jpg

まぁ、この拡大鏡付きアームライトはLEDではなく蛍光灯なので熱を発するため冬はいいですが夏だと少し熱いんですよね。
なので、LEDタイプのものに買い替えを検討していましたので、この際思い切って照明関係もリニューアルしました。

DSC_0331_1_convert_20190609203837.jpg

先ずは拡大した作業スペースにジャストサイズの120cmLED灯を設置。
これはおそらく中国製ですが、このサイズにしては安価です。本当ならELPAなどの日本製を購入したいところですが
非接触スイッチとかリモコンなどの高度な付加価値は不必要ですので、あえてこのシンプルなものをチョイスしました。
タッチでオン/オフが可能ですが調光はできません。しかし厚さ1cm幅2.39cmとかなりスリムです。
電球色と昼白色がありますが昼白色1択ですね。
塗装ブース内上部にも30cmのLED灯を設置しました。

また、テーブル下に6口スイッチ付きテーブルタップを設置。
塗装ブースとコンプレッサー、LED灯の電源を供給しても2口余るのでリューターや超音波カッターを差し込んで使えます。
このテーブルタップはスイッチが斜めに付いているため作業位置からでもオン/オフが判別でき操作可能です。

DSC_0332_convert_20190609210135.jpg

ということで、こんな感じで作業スペースが明るくなりました。
模型作りで照明は重要です。終始、目に負担が掛かりますがなるべく無理をさせないようにしましょう。
今回設置したLED灯は優しい光です。
今回、小型の拡大鏡に新調していますが、これもLED灯を内蔵しています。
手元の照明はこれで問題ありませんが不足と感じる場合は
クリップタイプのLED灯があり、これはかなり明るい白色なのでサブ照明として適便追加します。
特に塗装時には昼白色といえども、若干の黄色味が不快に感じる場合もあるので、この白いサブ照明は活躍します。

DSC_0330_1_convert_20190609211515.jpg

これで環境は整いましたので模型作りに精を出していきたいと思います。


今回設置した照明等はこれらになります。
参考まで。

    

今週の気になるモノ。

    

テーマ:DIY日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2019/06/09(日) 22:06:03|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラモデル作業スペース改善

ドーモです(^O^)/

今日は計画有休を貰って3連休でしたので、昨日から模型製作のための作業スペースの改善に取り掛かっておりました。

レイアウト変更前は、こんな感じでした。
140cm幅のニトリのテーブルがメインの作業テーブルで半分は自作の塗装ブースが占領しており、作業スペースは70cmほどだが、ダストベースが20cm幅を取っており手を動かせるスペースは50cm分となるが、取り出した工具類を並べる(散乱とも言う)と実質の作業スペースは30cmに満たないという…。そのため向かって左側(写真手前)に高さ調整可能なサブテーブルを設置し作業スペースを追加していました。ただし、これをやってから部屋が狭くなってしまいました。
僕の作業環境は寝室であり、くつろぐ空間も兼ねているため、なるべく部屋は広い感じが好きなのですよ。

DSC_0311_convert_20190603220153.jpg
※片付け開始してから写真を撮ってしまったが、奥の自作の木製棚は塗料を並べるためのものです。

なので、当然作業スペースの拡大を図るのが目的になります。
半月ほど前からL字にテーブルを追加する案はありましたがメインテーブルと高さを合わせるため同じテーブルが理想でした。
しかも車庫の2階の物置き兼作業スペースにメインテーブルとデザインが同じ120cm幅のテーブルがありました。
しかし、L字に収めるためには110cm幅に加工する必要がありました。このテーブルの天板は中空のため、どこを切ってもいいわけではありません。脚を取り付ける金具が取り付けてある四隅は下地がしっかりしているので、10cm切った場合の下地が中空になりネジが効いていないと話になりませんので。
叩いてみた感じはやや不安でした。それでもまぁ、ネジが効かなかったら追加工するということで実行に移ることに。

これは、元大工である親父が趣味で家の裏側に作りつけた作業場です。
なかなか使い勝手がよく、景色も悪くないためお気に入りです。
裏の海は一応海水浴場なのです。もう25年くらい泳いでませんけどね(^-^;
DSC_0317_convert_20190603230432.jpg

片側を10cm電ノコで切り落とし金具取付用に下穴を空けておきます。
残念ながら5本中2本が中空部分に当たってしまいましたが3mm厚はあるのでネジが効けばいいかなと。
DSC_0320_convert_20190603230928.jpg

そんなこんなで完成。
切断面は見えないところなので問題無し。
DSC_0322_convert_20190603231912.jpg

ちなみにこれは愛用のインパクトドライバー。
以前使ってた安物は長男に譲渡したので改めて購入。
プロ仕様で高いものですが、締め付けトルクが3段階調整できて便利です。
ビットセットも長男に譲渡したので、手元にあるのは各径のドリルとプラスドライバー。
それと車用のボックスレンチしかありませんが、そこは必要に応じて揃えていきましょうかね。
しかし、このプラスドライバーのビット、カッコよくないですか。
真ん中のクビレ部分で衝撃を吸収するらしいです。こういった機能に基づいた形状の美っていいですよね。
ガンプラにもあるのですよ。
皆、そこに惹かれているのだと思います。
DSC_0321_convert_20190603232254.jpg

ハイ、ピッタリでーす。v(^o^)v
DSC_0323_convert_20190603234534.jpg

最後に、塗装ブースの移動と配管。塗料ラックを使いやすい隣に配置して自作木製棚も残りの幅に合わせて切り詰めました。
残りはとりあえず配置しておき、後はプラモ製作しながら理想を追求していきましょう。
DSC_0327_convert_20190603234756.jpg

自慢の自作塗装ブースもスムーズに使えます。
以前は模型製作スペースを片付けてペイントベースとか準備する必要がありましたが、今回は完全に片付ける必要がありません。作業スペースが広いことはいいことだ~。
DSC_0328_convert_20190603235226.jpg

また今回、以前誰かのツイートで見たマグネットを利用した金属ヤスリのホルダーを設置。
マグネットはダイソー製を2個、両面テープで固定したのみです。
下にプラカス受けにダストベースを置いてます。
面出しヤスリやスポンジヤスリはワイヤーラック用のペン立てに差し立てています。
これは底面がメッシュなのでカスが下に落ちダストベースで受けます。
DSC_0329_convert_20190604000347.jpg

いや~、新しい環境でのプラモ製作。楽しみです。
製作環境を変えていくことも楽しみの一つだと思うのです。

DSC_0331_convert_20190604001645.jpg

製作効率も上がりますし、モチベーションも上がります。いいことづくめなのです。
オススメします。

この記事が多少でも参考になれば幸いです。



これは、愛用のインパクトドライバーと
欲しいガンプラ。既に部屋の在庫が満タンなので買うか迷ってます…。買えないなぁ。

   


ではまた(^o^)/



テーマ:DIY日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2019/06/04(火) 00:42:13|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自作塗装ブース

こんばんは(^-^)/

GW前最終日の今日は退社後すぐに本屋に直行。
田舎は毎月26日が発売日なんですよ…orz
MGとガンダムA
ガンダムAは楽しみにしてる「ジョニーライデンの帰還」が休載でしたが、メカニカルアーカイブが最高なので購入。
MGは大好きな模型部屋特集!プロモデラーさんが使っているツールや環境はとても興味がありますね。
HJはまず購入を控えました。後日買うと思いますけど。

さて、MGの塗装ブース特集を見て
僕の自作も見て欲しくなったので掲載。以前、完成した時にTwitterで呟きましたけどね。
だいぶ使いこんだのでレビューも兼ねて紹介しますね。
shinoブース
見ての通り、構造はネロブースです。
ホントに素晴らしいものだと思います。

材料ですが、ネロブースは亜鉛鉄板で清掃もしやすく磁石も使える完璧なものですが
僕のはプラスチックのL字アングルと透明度の高い厚手のプラダンの高いヤツです。
目的は透明化による圧迫感を無くすことだったんですが、あんまり意味無かったかな~。(^-^;
後で発売された互換ブースに似ていますね。

それから三菱の大容量シロッコファン(金属製)を装着しています。
プラスチックのブースに重いシロッコファンですが木製ラックに組み合わせているので重量は問題ありません。
排気量はかなり大きく、吸気側としてドアを開けておかないといけません。
ドアの隙間からかなりエアが入ってくるので冬は寒いくらいです。

なので、ネロブースと同様に缶スプレーも吹き返しがありません。
これにしてからガスマスクは使ってません。一応、普通のマスクはします。

材料費は換気扇含めて15,000円程度だったかと思います。20,000円は掛かっていません。

あと磁石が使えないかわりに小さめのメッシュフックに棚を設置して各種シンナーを入れたDPボトルや塗料皿を置いてます。

小さな箱は塗料を拭いたティッシュとかを放り込んでおくゴミ箱です。臭いが排出されるしシンナー分が乾くのでいいですよ。

さて、明日からの10連休を有意義に過ごしましょう!


では!(^O^)/



テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/04/26(金) 23:28:53|
  2. ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

SHINO

Author:SHINO
よろしくです!

Information

Gundamer's creative Works
リニューアルしました。 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

FC2カウンター

Twitter Time line

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

※カテゴリー分類は11個まで

HS月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

リンク先新着

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード