不動産担保ローン Gundamer's creation MG ステイメン

Gundamer's creation

イラストやガンプラで脳内イメージを創造するBlogです。

月面タイトル画像

MG ステイメン:肩アーマー

こんばんわ(^ヮ^)ノ

3連休も最終日、皆様有意義に過ごされましたでしょうか。
僕は昨日お出掛けしましたが、今日は部屋に引き篭り溜まった録画番組を見ながらのプラ三昧でした。

ちょっと、本題に行く前に最近便利ツールを購入したのでご紹介しますね。

それはこれクレオスのMr.T型定規
少し前に仙台に遊びに行った時にHobbyShopノダヤに立ち寄り購入したものです。

DSC02528.jpg
僕も20年前からこのような定規をプラ板で作成して使っておりました。(左上のプラ版製)
それが1年前位にボッキリ折れてしまったため、ホームセンターで小さめのL型定規(指金)を購入して使用しておりましたが少し使い辛かったので非常に嬉しいですね。

これは素材に1.5mm厚のステンレスを使っておりますので適度に厚みがあって使いやすいのですが
写真のように1mmプラ板に当てた時にホールド感が少ないので、僕は裏側に0.5mmプラ板を両面テープで貼り付けてます。
このように、好みの使用感にカスタムするのもアリですよ(^ヮ^)ノ


では、本題のステイメンの肩アーマーに行きましょう。

今回はディテールに拘るあまり、時間が掛かってしまいました。
ササっと簡単に同じような効果を出せた気もするので、遠回りしちゃったかな?とも思いますがご覧下さい。

<台形モールド>
センサーらしいですがカトキデザインの特徴でもあり、これは非常に大事な部分だと思っています。
キットはここが少々ボヤけているように思えます。
そこで同じ寸法で4つ台形モールドをプラ板積層で作り、キットパーツに埋め込みました。
キットに彫り込むよりもこの方が精度がでるとの判断です。(メンドクサイケドw
DSC02540.jpg DSC02541.jpg

DSC02553.jpg
どうでしょうか。
かなり凛々しい感じに昇華したと思ってます。
非常にメンドくさいですがヤル価値はあるかと。上手い人なら直接彫り込んでもいいと思います。


<アーマー裏モールド>
ここは作りこんでも、ほんの少ししか見えないんですが、せっかく作るならと割と真面目に作りました。

DSC02554.jpg
ありがちなデザインですが、ポイントは表側の構造を少し意識しながら作るといいと思います。


<肩アーマー天面ディテール>
キットは全くディテールがなく間延びしていますので何かしたくなりますが
公式設定もGFFステイメンもディテールが無いため、完全にアレンジとなります。
そこで、デザイン的に似ているGP01を参考にしセンサーを埋め込みましたが
単純な丸穴ではなくパネルラインの分割を組み合わせた多角形の段落ちとしました。
それと肩口に四角形のモールドですが、メンテナンス用パネルロック機構のイメージです。

DSC02555.jpg


<肩口フレーム>
ステイメンは胴体側の肩天面がシンプルなので、ここにディテールを多くしたいと思いました。
設定的にも掘り下げて考えてみました。

MGステイメンは商品化の際に後付け設定としてコアファイターが設定されています。
これはMGとしてのプレイバリューを高める目的でしたが、設定的には無理が無いと思いました。
DSC02560.jpg DSC02561.jpg


当初コアファイター内蔵機であったステイメンはEVOLVE/4劇中にてラビアンローズを襲撃したジオン残党軍を迎撃した際に生き残っていたゲルググMの狙撃を受け大破、AEのテストパイロット「デフラ・カー」も戦死したのです。おそらくコクピットブロックが大破したため、修復時に全天周モニター型に改修されたんでしょうね。

そこで提案、昔僕は0083のLDを持っていまして第1巻の付録にGP01の肩口フレームのイラスト(カトキ画稿)がありましたが、そこにGP01の胴体側はコアブロックが内部を占めるため肩関節機構のほとんどは腕側に内包するという設定がありました。
GP03もコアファイター内蔵型が存在するので、同じ考えで腕側にごついフレームがあっていいのかなと思いました。
後に全天周モニター型に改修され胴体側に肩関節が設けられたとしても肩アーマーのデザインが変わっていないため、その機構は残されていると考えてもツジツマは合います。
※飽くまで一ファンの妄想ですw

そんな考えで肩アーマーにごついフレームをデザインしました。
イマイチ普通なのは、デザイン力が無いからですねwww

DSC02559.jpg

塗装の利便性を考慮してフレーム色の部分は別パーツとして製作し部品構成は1パーツ増加となります。
DSC02556.jpg

組み立てると、このようになります。
情報量が増えましたね(^ー^)ニヤッ
DSC02557.jpg

<姿勢制御バーニア>
全て開口し、ディテールを作り直しますが、姿勢制御バーニアはReckless系のベーン付きバーニアとしました。
バーニア数が多い場合はデザイン的にスッキリしていいですよね♪
DSC02558.jpg


ここも塗装の利便性を考慮して別パーツにしましたが。
ベーンモールドはこのようにスケールに1mmプラ版を貼り付けてモールドを作りました。
この後現物合わせでカットし両面テープで固定しています。
DSC02544.jpg


そんなこんなで現状版
DSC02547.jpg
大変でしたが、効果は大きいですね。
だいぶ完成度が増しました(^ー^)ニヤッ


ではまた~(^ヮ^)ノシ


スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/15(火) 00:53:47|
  2. MG ステイメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステイメン:プロポ変更2

こんばんわ(^ヮ^)ノ

お正月いかがお過ごしでしょうか。
今日はほとんどプラに時間を取ってみました。何か超久しぶりです。(^m^)フフフ


ブランクもあるし気になる部分からイジってみました。

<胸部ディテール修正>
胸部ダクト上面~側面と中央ブロック上面~側面にインジェクション成型上ディテールが
段落ちモールドになっておりますので、段落ちを利用してスジボリ後、段落ちを削り落としました。

DSC02531.jpg DSC02535.jpg

<中央ブロック位置変更>
2mmほど前に出し、それにより生じる隙間襟元の隙間はプラ材で形状変更しました。
首周辺のディテールは製作中です。
スジボリセンスについてリハビリ中ですw

また、中央ブロックの開閉についてキットのハメ込みヒンジをポリキャップ可動に昇華しました。
ポリキャップはコアファイターの機首部分に使う四角穴のものです。

DSC02529.jpg

<肘関節ディテール追加>
素組では非常にシンプルな形状のため心なしか細く見えるため、丸一パーツにスジボリしました。
確かsadaさんも過去にやってたような気がします。
ここは塗装も色分けすると情報量が増えていい感じになると思います。

DSC02534.jpg DSC02533.jpg

<肩アーマー位置検討中>
まだ両面テープで固定している段階です。
頭身が上がったため腕の長さのバランスと可動した時の肩の高さなどを考慮しなければなりません。
当初、肩軸を2mm上げる予定でしたが、多分、肩アーマーのみ位置を上げることになりそうです。

DSC02537.jpg DSC02536.jpg

<途中経過~全体バランスの確認>
どうでしょう?
まだまだ、改修メニューは盛り沢山ですが
だいぶ目標とするGFFメタルコンポジットに近づいてきた気がします。

DSC02530.jpg

ではまた~(^ヮ^)ノシ


テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/03(木) 22:15:40|
  2. MG ステイメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

A Happy New Year ! (再始動)

あけましておめでとうございます!(^ヮ^)ノ

東北は大雪ですよ~w
大雪

昨日まで再始動に向け散らかった部屋を掃除し環境を整え
そして今日、手始めにパチりましたステイメン2個目(ェ

W MGステイメン

というのも、作りかけのステイメンにキチンと純正ビームライフルとフォールディングバズーカを
用意したかったので2個目を購入しました。
部品請求とかではなくキット丸ごと購入するあたりは大人の経済力ですなw

続きまして掃除した作業テーブル
作業テーブル
僕のは高さが自由に変化するテーブルです。
嫁が結婚前に使っていたものです。
普段はPCラックに隣接して椅子に座って作業しておりますが
気分を変えて床に座って作業したい時にも、簡単に高さが変えられるのが便利です。

今回から、カッティングマットの前にステイメンの箱を加工してプラ屑落とし箱を作成して設置しました。
これは、以前シマコウさんが紹介していたやり方を真似てみました。
これは非常に便利ですね!
もっと早くやるべきでした(・∀・)

ついでにステイメン本体もパチりました。
加工比較なんかできれば便利ですので。
ただ、やっぱり時間が掛かりますね~。疲れます。

ステイメン、パチった

折角なので、途中比較。
ステイメン途中比較

やっぱり、パチ組みはズングリしてて動かないですね。。
プロポ変更した効果が顕著に現れてますね!

これからもちまちま手を加えるので、今後ともよろしくです。

ではまた~(^ヮ^)ノシ

テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/02(水) 01:21:21|
  2. MG ステイメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

MG ステイメン:極め手に欠ける。。

こんばんわ~。

最近、仕事が激しく忙しくて精神的にキツイです。

プラ系は全く手が動いてません。

来週から中国出張しなきゃだし。。。

こんな人生でええのか?と自問自答の日々なのです。


そんなこんなで過ごしていたら、また広告が出てしまいました。
特にネタも無いんですが、、生存報告を兼ねて極め手の使用感を書いてみる。

だいぶ前に行なった工作なんですが
MGステイメンにイエサブの極め手を装着してみました。

極め手

とは言っても、そのまま簡単に装着できる訳では無く
ボール径が合わないため、MGステイメンの手首からボール部分だけ移植してます。
接続には真鍮線による補強も行なっております。
また、甲パーツも若干形状変更しております。

全関節がフル可動するプレイバリューは素晴らしいものがあります。
それに甲の形状は非常に好みであり、お気に入りです。

が、、、

指の形状は連邦の公式設定とは違うので、ここまで作っておいて
やっぱり違うものにしようかと思ってます。


以上

生存報告でした~(^ヮ^)ノシ


テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/07/02(月) 20:32:21|
  2. MG ステイメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ステイメン:プロポ変更

こんばんわ(^ヮ^)

GWいかがお過ごしでしょうか。

僕はやっと、先ほど休み前の仕事の残りが終わってスッキリしました。
あと、家の片付けやら掃除してました。

明日からは肩の荷が降りたので家族サービスしたいところです。

さて、注目のモデサミは6分30秒で1次エントリーが終了したそうな。スゴイ激戦ですね~。
モデラー諸氏の注目度がスゴイことが分かりますね~。

あ、僕は予告通りエントリーを見送っております。
現在の生活リズムでは荷が重いので、御理解願います。


そんなこんなでステイメンは非常に歩みが遅いです。

とりあえず僕的セオリーでプロポーションの修正から着手しております。

<パチ組みプロポ>
比較にメタルコンポジット・ガンダムを使用しています。(このために購入しています。
明らかにMGステイメンはズングリしてますね。
目指しているのはMCガンダムと並べて飾ることができるステイメンなのです。

MGステイメンプロポ・ビフォー

<プロポ改修後>
どうでしょう?
できるだけ簡単に効果を最大限出せるようにプロポーション改修しています。

MGステイメンプロポ・アフター

頭部:マスクがやや出過ぎてると感じたのでMCガンダムと雰囲気を合わせるため引っ込めています。
   といっても、逆の方法で頭部前後の接着面で0.5mm幅増し。
   マスクの赤いクマドリで0.2~0.3mm、マスク部で0.2~0.3mm引っ込めてます。
   その結果、アゴが出ますので、0.5mm削っています。
   トータルで1mm奥まっています。

首位置:根元で切り離し1mmプラ板を貼りましたので削りしろを相殺すると0.5mm伸びています。
   前後位置は1.5mm後方にずらしています。

脚部:付け根の位置を3mm下方にずらし、大きく横にロールさせるため干渉する部分を削り落としています。
   さらに大腿部側の膝間接ポリキャップを上下逆に取り付けることにより5mm伸びますので
   外装を中間で切断してプラ板で延長しました。
   フレームを切断していないので強度的にも安心です。

プロポーション改修は、ほぼ終了です。

目指すは仮想メタルコンポジット・ステイメン

後は、各部の軽い形状修正とディテールアップです。

ではまた~(^ヮ^)ノシ



テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/01(日) 00:02:42|
  2. MG ステイメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

Profile

SHINO

Author:SHINO
よろしくです!

Information

Gundamer's creative Works
リニューアルしました。 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

HS月別アーカイブ

カテゴリー

※カテゴリー分類は11個まで

最新記事

最新コメント

リンク先新着

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード