不動産担保ローン Gundamer's creation C.D.A版シャア専用ゲルググ改

Gundamer's creation

イラストやガンプラで脳内イメージを創造するBlogです。

月面タイトル画像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シャアゲル改:完成画像

C.D.A版シャア専用ゲルググ改

完成画像です。

<コンセプト>
◇漫画「C.D.A~Char's Deleted Affair~」の主役機”正式名MS-14U ゲルググ外宇宙用”を初立体化
◇MGキットVer.Kaレベルの仕上り

<イラスト>
◇製作中にコンセプトを明確にするためのイラストを2回描きました。
・Ver.1.0 2008/12/9
・Ver.2.0 2009/1/20
ゲル改イラストVer.1.0ゲル改イラストVer.2.0
製作過程でいろいろと進化し、イメージが違う部分もありますが、再現度は高かったと思います(^ヮ^)

<製作におけるTopics>
◇機体特徴である中身が旧シャア専用ゲルググとほぼ同じであることを念頭におき外装を中心に改修。
◇各部位のバランス、ラインの流れに注意した造形。
◇両腕の展開式武器などのアレンジ。
◇バーニアなどはメタルパーツを使用し精密感をアップ。
◇MAX塗りは、コントラストを少なくしディテ、マーキングを活かしたバランス。
◇モノアイの連動ギミックを活かしつつ極小LEDにより発光。
◇キットの可動指を使用し丸指⇒角指に改修。同時に間接のディテール修正。

ゲル改 上半身
ゲル改 俯瞰ゲル改 前


<ARMS>
◇銃剣型ビームライフル
後のアクシズ製MSザクⅢ、Rジャジャなどの銃剣型のプロトタイプを製作。
オリジナル・アレンジです。
◇ガンダリウムγ製シールド
ガンダリウムγの耐弾性テストのための試作型。
オリジナル・アレンジです。
ゲル改 ビームライフルゲル改 シールド
ヒートサーベルは着脱可能です。
ゲル改 ヒートサーベル着脱
シールド・マウントラッチは可変アームにより差し換え無しでポジション変更が可能です。
ノーマルポジションサイドポジション


◇右腕展開式90mmガトリング砲
オリジナル・アレンジです。
右腕ガトリング
ガトリング展開1ガトリング展開2ガトリング展開3
◇左腕展開式携行型ビームサーベル
ホルダーが展開します。オリジナル・アレンジです。
左腕ビームサーベル
サーベル展開1サーベル展開2サーベル展開3

<腰部マウントラッチ>
ヒンジによってスライドします。
腰部マウントラッチ(閉)腰部マウントラッチ(開)


<リアビュー>
リアビュー1リアビュー2

<ディテール>
ゲル改 胴体(前)ゲル改 胴体(後)
ゲル改 可動指ゲル改 足裏
ゲル改 肩バーニアゲル改 隠し武器
ゲル改 背中ゲル改 脚部
ゲル改 頭部(前)ゲル改 頭部(後)
ゲル改 バーニア群

去る2009/10/11、名古屋国際会議場にて開催されましたモデラーズサミットにおいて12位を頂きました!
投票して下さりました皆様、ありがとうございました!m(_ _)m



スポンサーサイト
  1. 2009/10/25(日) 09:59:50|
  2. C.D.A版シャア専用ゲルググ改
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

シャアゲル改:モデサミ用秘密工程

ちわっす~!(^ヮ^)ノ☆

怒涛の更新ですw

今日はゲル改のモデサミ用サプライズとして秘密にしてたところを公開します!

<モノアイ電飾>
実はコレ7/27に製作していた部分でして、早い段階で終わってました。(^ヮ^)
目は口ほどにモノを言う”通り主張する部分です。
デキル男は目で語るのさ・・・( -_-)フッ なんちて~!(^ヮ^)ノ☆

モノアイ組立て~LED組込みエナメル線のクリアランス確保
基本はHi-QさんのHow toを参考にしておりますので、そちらも御覧になってください。
モノアイはプレートとレンズ3mmを使用。極小LEDはグリーンを使用。
本当はピンクなのですが、次世代機をイメージさせるためのアレンジです。

組立て後発光テスト
組立て~発光、可動テストをします。
首振り~モノアイ連動機構は活かしてます!(^ー’)d

顔の形状が形状変更前ですね~、、カッコ悪っ・・(^ヮ^;)

電池スペース1電池スペース2
首下に電池スペースを確保するため、ジョイント部を切り取り襟外装パーツへ接着、
電池ケースは襟外装パーツの裏に設置し、頭部の着脱は襟外装パーツのスナップフィットで行います。
完成後も着脱が容易に出来、スイッチを兼ねる電池ケースのON/OFFも簡単。外観も損ないません。(^ー’)d
モノアイ工作後
このインパクトは苦労に見合うものだと思ってます。(^ー’)d

<塗装>
胴体の濃い赤はガンダムカラー(シャアザク専用)の胴体用レッドを使用。
ブラックを微量混ぜて下塗り後、MAX塗りで吹き重ねます。
胴体下塗り胴体上塗り胴体基本塗装完成

胴体以外の赤はマジで苦しみました。
<1回目>
シャアザク用赤をMAX塗り。
組んでみたらオレンジが強すぎてイメージとの違いに愕然・・(◎_◎;)
1回目ボツ(前)1回目ボツ(後)
一般的にシャア専用カラーってこれだよな~と自分を納得させようとするも、モヤモヤが晴れないのでやり直すことに・・・(^ヮ^;)

<2回目>
目指すべき色味を設定しようと思い資料探ししたところガンダムAでの1コマにカラーのゲル改を発見。
CDA漫画のカラー
コレ!コレやがな~!ヽ(゚∀゚)ノ
ということで、これを調合することに。。。
胴体色に白を混ぜていくと、紫掛かったこの色が出来たので吹いてみた。
2回目(ボツ)下塗り2回目(ボツ)上塗り~組立て2回目(ボツ)上塗り~組立て2
下塗り時点で既に不安だったのだが、、信じてMAX塗りを進めたが・・・組んでみると、ラクス専用!?
漫画のカラーにはなったが、、これはシャア専用には程遠いので、、、やり直すことにε-(;ーωーA フゥ…

そろそろ塗膜の厚さが気になってきてましたが、サフもエアブラシなので全然問題なかったですね♪

<3回目>
ジオノグラフィーのシャア専用ゲルググの薄いピンクを参考に調合してみることに。
レッドを下塗りし、ホワイトを混ぜてピンクを作り上塗り、イエローとブラックを微量入れたような気が。。
3回目上塗り(前)3回目上塗り(後)
ライティングの関係もありますが、まだ色が濃く感じたので再度ホワイトを混ぜて上塗りしました。
3回目再上塗り(前)3回目再上塗り(後)
素直にカッケー!と感じるようになったので終了ですw(^ヮ^)

<スミイレ~デカール>
スミイレは実はほとんどしていません。
MAX塗りの影色でほとんどOKなのです。
ここでのスミイレは、ゲル改の全身に見られる太いスジにグレーを塗装、グレーの部分に薄いグレーをスミイレしました。いずれもエナメルカラーです。
スジを塗装1スジを塗装2

<アクセントパーツ>
各部の白いパーツはプラ板により製作し、サフ~ホワイトを塗装したものを接着しています。
接着は塗装を侵食しないクレオスの美透明接着剤を使用。
アクセントパーツ1アクセントパーツ2
こんなパーツを作ってこんなところに貼っていきます。上は塗装前です。
アクセントパーツ装着部分1アクセントパーツ装着部分2

こんな感じで製作しました。
明日は完成画像を公開しますね♪

ではまた~(^ヮ^)ノ☆


テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/24(土) 14:19:42|
  2. C.D.A版シャア専用ゲルググ改
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シャアゲル改:追加ディテ+プロポ調整⇒初めての瓶サフw

こんばんわ!(^ヮ^)ノ☆

モデサミ参加の皆さんは怒涛の追い上げ、頑張ってることと思います。

僕も今日まで、ほとんど休み無しで引篭もりでした(^ヮ^;)←超不健康w

そうそう、モデサミ参加者の各展示位置が発表されましたね~。
これを見て、テンションが上がるか下がるか、時間無いと感じるか余裕を感じるか、様々でしょうね~w
僕は、テンション超上がりました。でも時間的には少々焦ってます(^ヮ^;)


では、今週の工作をご紹介。
っていうか、コレがモデサミ前の最後のアップになります(^ヮ^;)・・・・

<股間ディテール>
股間ディテール
プラ板で装甲の分割ラインを表現、股間軸にはHi-Qさんのエクステンションパーツをセットしました。
各穴にはマイナスモールド、スチールボール、デュアルパイプが入ります。
あと股間ブロックは劇中の形状に近づけるように形状変更しました。

<手首甲ディテール>
手甲。追加ディテ
各部に合わせてスジボリディテを追加しました。

<脚部バーニア・追加ディテール>
脚部大バーニアディテ追加
ModelUpさんのVジョイント風にディテを追加しました。

<足首間接・オフセット加工 >
足首間接オフセット
素立ち、及びキメポーズを容易にするため、可動範囲を広げるために2重間接を切り離し、2.5mmオフセットしました。
MSのポージングにおいて足首を真っ直ぐにする機会はほとんどありませんので
素立ちとキメポーズで自然なラインになることを考慮してオフセットします。
オフセット後、素立ち オフセット後キメポーズ
オフセットしたことで、素立ちのラインが自然になったのがお分かりでしょうか。
キメポーズでこんなに足を開いても足裏はベッタリ接地しています。
脚部フレアがタイトなジオン系MSに有効です。
しかし、くれぐれも”やり過ぎ”に注意。脚線美が破綻しますよw
また、加工は飽くまでもオフセットする必要がある場合であり可動範囲に問題が無ければ加工する必要はありませんので(^ー’)d

また、上の写真でお分かりのとおり再度表面処理をしました。
次は初めての瓶サフで仕上げます。(^ヮ^;)ドキドキ

瓶サフ用にクレオスのプロスプレーMk2を購入しました。
エア缶は余計だが、仕方が無い・・・orz 売ってただけ良かったし。
プロスプレーMk2プロスプレーMk2セッッティング

<パーツ洗浄>
洗浄1 洗浄2
ってか、今まで洗浄なんてしたこと無いです。たぶん・・w
サマナーさんの真似しましたw
パーツがなくならないように気を付けましたがドキドキでした(^ヮ^;)

<持ち手台>
ドライブース内持ち手台
瓶サフを吹いてみましたが、、、いいですね!!ヽ(゚∀゚)ノウヒョー
これは、、今後は瓶サフ決定ですね~!
希釈の面倒はありますが、缶サフのように吹き始めと終わりのムダが無く、経済的でおサイフにやさしいです。なによりゴミ(吹ききった缶)が出ないのがいいです。残った瓶は調合した塗料を入れればいい訳だしね♪
そして、ドライブースで乾燥促進するのですが、持ち手の台にサマナーさんの真似をして写真のような”渦巻きダンボール”を作りましたが、幅25mmのが会社にありましてガメました。拝借しました。包装材のようです。
写真のようにそのままドライブース内に接地しても、穴あき構造なので暖かい気流が下からパーツへ上がってきます。

今日は沢山サマナーさんの真似をしました~。
やっぱ塗装は経験が全て!と、身に染みて分かりましたよ・・・。
勝手に先生に指名ですね( ̄ー ̄)ニヤリッ
あ、サマナーさんと僕は同じ誕生日なんですよ。歳は違うんだけどね~♪

瓶サフ後の現在です。
瓶サフ後の現在・・
パーツがなくなるのが怖いのである程度組んでパーツの確認をしています。

フレーム色を調合しましたが、今日は時間切れ。
フレーム色は難しいですね・・・(ー。ー;)フゥ

やっちゃいました。ホテルのカーペットにポタポタと・・・Σ(|||▽||| )
潔く帰任するとき弁償しよう・・・orz
こぼした・・・orz

今後は塗装に入っていきますが、とりあえずモデサミまで非公開とします。(。-人-。) ゴメーン
たまには進行状況をチラリズムでちょっとだけ公開するかもしれませんw

尚、少し前よりたくさんリンクさせていただいておりますが、状況が落ち着き次第ご紹介させていただきます。 (。-人-。)マタマタ ゴメーン

来週末はアッガイVer.PG(Penguriデザイン⇒がんだまー超アレンジVer)wを公開予定です。
お楽しみに!!(`▽´)ケヒヒ

では、らたまいしゅう!(^ヮ^)ノ☆


テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/14(月) 01:13:14|
  2. C.D.A版シャア専用ゲルググ改
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

シャアゲル改:試作ビームライフル

こんばんわ!(^ヮ^)ノ☆

そろそろ塗装前の工作はリミットですよね。。。(^ヮ^;)
僕も遅れに遅れてますが、今だ工作をやめることができませんでした。

今週は日本からの出張者が来ており、晩飯付き合ってたら、毎日ビール2杯+焼酎?杯のパターンで、、、帰宅後、根性でプラモに向かっていましたが、フラフラして精密作業はできなかったのでアッガイVer.PGの形状出ししておりました。
アッガイVer.PGはゲル改の塗装の合い間に作ろうかと思っていたのですが。。(^ヮ^;)
計画通りには行かないもんです。(毎回言ってるなw

そんなこんなでゲル改本体のディテが終わってないのですが、ビームライフルを作りました(爆
本日紹介する工作は、今日の朝から作った1dayモデリングですw

ビームライフルはノーマルでの参加と思っていたのですが、先週の試作シールドに釣り合う試作ビームライフルをと考えたら・・・・・閃いた!ヽ(゚∀゚)ノキタ!!

コンセプトは試作銃剣型ビームライフルです。

U.C.0088年第一次ネオジオン戦役ではR・ジャジャザクⅢに見られる銃剣型ビームライフルが存在しますが、かなり特異な形状をしております。
今回、その銃剣型ビームライフルには試作モデルが存在したと設定してゲルググ用のビームライフルをベースに製作してみました。
R・ジャジャ

ビームライフル ビームライフル分解
先ずはビームライフルをユニット別に分解します。

銃剣型ビームライフル1 銃剣型ビームライフル2
<改修メニュー>
1、ショートバレル化
2、グリップ位置を前側に設置することで前後重量バランスを変更
3、後端部に後付型のE-Cap補助ユニットを装着し、エネルギー効率アップ
4、精密射撃型のセンサーを新型標準タイプのセンサーに交換し耐衝撃性アップ
5、オプションマウントラッチに試作銃剣用ヒートサーベルを装着

注:GNソードではありません!
(突っ込まれる前に自己申告w

今回、10年前の物資であるブラスパイプMAXとフレキシブルロッドを初めて使用しましたが、なかなかいいですね。(^ヮ^;)

銃剣型ビームライフル装備 ヒートサーベル分離
装備させてみるとグリップ位置の変更により前後バランスが改善され取り回しは軽いです。
さらに、マウントラッチからヒートサーベルを取り外し手に装備させることもできます。
その際、柄の部分を45度曲げて真っ直ぐにしますが手首のガード装甲も移動します。
ヒートサーベルは両形態でカッコよくできたと自画自賛してます(^ヮ^)

柄の可動にコトブキヤのABSユニットを使用しております。

銃剣型ビームライフル・全体像
その他チマチマとディテを増やしておりますが来週平日に終わらせ来週末には塗装に入りたいと思ってます。
塗装以降は公開しません。( ̄m ̄〃)ウシシ

アッガイVer.PGの形状出しもほぼ終了しました。再来週にサフ画像を公開する予定です。

ではまた~(^ヮ^)ノ☆


テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/07(月) 00:04:07|
  2. C.D.A版シャア専用ゲルググ改
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

シャアゲル改:シールド (途中っす(^ヮ^;)

こんばんわ!(^ヮ^)ノ☆

いや~、時間無いっすね~もう月末ですが、工作終わってない・・(滝汗
来月から塗装に入りたかったのですが、やっぱギリギリスケジュールになりそうです。。orz

ですが、塗装環境は着々と整えております。

お盆休み前に注文しておいた”L5+レギュレーターⅡセット”を中国戻り後に受け取りました。
時期も時期なので、この休みに以前から買い揃えていたドライブースと塗装ブースを組立て、塗装環境の確認をしました。

こんな感じっす。
塗装設備

レギュレーターセットは後発の”Ⅲ”ではなくL5本体に合体できる”Ⅱ”にしました。
なにせ塗装後は完全撤収しなければならないので・・・(^ヮ^;)
しかし、小さいですねコレ。静かでエア出力も問題なさそうです。
L5+レギュレーターⅡ+プラチナWA

塗装ブースも組立てて、とりあえずテレビ台の下に格納しました。
ホテルの窓は大きく開かないため缶サフが出来ず、まだ未経験の瓶サフからお世話になりそうです。
塗装セット格納

このセット、模型店で割引して貰いましたが、元々が日本で買うより割高になるため、ほぼ定価での買い物になりました。orz
高い買い物だったな~と思いますが、帰国後も末長く使うので、今後を考えるととワクワクしますね。o(^o^)o


では、今週の工作を紹介しますね。

今週は日本からエライさんが来て月~木曜日は酒飲みで何もできず。。。
金曜から今日までの3日間でした。予定通りには行かないものです(ー。ー)フゥ

何を作ったかというとシールドのマウントラッチとシールド基部+シールドです。
なが~いので覚悟して見てね!(^ヮ^;)ハハハ

<下腕・ウェポンマウントラッチ>
ここは以前から良い案が出ずにペンディングになってましたが、先週ふと閃いたので仕事中に落書きしてコンセプト~製作案を纏め、週末工作となりました。

今回、メタルパーツの新しい利用法を実践してみました!(^ヮ^)ノ☆
Gundamer's creation的メタパ活用術です!

腕部マウントラッチ
マウントラッチをプラ板で作成。通常の穴に差し込むタイプではなく、このフレームを挟み込むことで固定するタイプです。
Hi-Qさんのメタパ”デュアルパイプφ2.5mm”を埋め込んでますが、これはディテであると同時にマウント時、固定のキモとなる部分です。
(^ー’)d

シールド側マウント基部製作1 シールド側マウント基部製作2
マウントラッチを腕側に固定する前にシールド側の接続部を製作します。
”デュアルパイプφ2.5mm”の内径は1.2mmなので真鍮線1.0mmを差し込むことで固定します。
金属なので荷重に強いのと、耐磨耗性も問題ありません。さらにクリアランスが十分でない部分にも使えそうです。差し込む部分は若干のガタがありますので周りのプラ棒でガタを無くします。

シールド側マウント基部製作3 
勢いで使用しない右側も作ってしまいました。(^ヮ^;)
全て現物あわせでキッチリガタが無いように製作します。この形状を基に整形してシールドマウント基部を製作していきます。

装甲切り欠き マウントラッチ固定
腕にマウントラッチを固定するため装甲を切り欠き、フレームにガッチリ固定します。
装甲に固定しても構造上シールドの保持は可能ですが、フレームに固定することでガッシリ感が出ますし、構造上の拘りですね(^ー’)d

マウントラッチ装着前 マウントラッチ装着後
装甲を装着します。工作前の腕と比較してデザイン上も間延びを抑えギッシリ感もでました。(^ヮ^)ノ☆

<シールド側・マウントラッチ>
先に製作した物をもとにシールド基部側のマウントラッチを製作します。
シールドマウントラッチ基部1 シールドマウントラッチ基部2
腕側に差し込む部分には保持力は発生しないため、挟み込みによって保持します。
固定にはポリキャップを使用し、ガッチリかつスムーズな着脱を可能にしています。

<シールド・可変ポジション・マウントアーム>
さらに今回、マウントラッチ方向のスタンダードな定位置ポジションの他に今流行りであるサイドポジションを握り手の動きに追従して可変するマウントアームを製作。オラ設定です。
可変ポジション・マウントアーム
これは、キットのシールド基部に一体整形されている背中からの移動用マウントアームを分解~構成したものです。
形状的に古さが感じられるが、1年戦争後の時代ですから、あまり先進的でない構造物を狙ったものです。(^ー’)d

<シールド>
劇中のシャアゲル改はノーマルシールドを装着しておりますが、今回設定的アレンジとして、ガンダリウム・ガンマで建造したテスト・シールドとし、それを念頭に製作。
ディテールアップと1部形状変更しました。
ガンダリウムガンマ・シールド(オラ設定)1 ガンダリウムガンマ・シールド(オラ設定)2
材質テスト中なので、ディテ多め、窓部分は精悍なV字にデザインアレンジしました(^ー’)d



そんなこんなで、こんな感じ。

<シールド・スタンダードポジション>

シールド・スタンダードポジション・マウントアーム1 シールド・スタンダードポジション・マウントアーム2
定位置のアーム位置はこんな感じになります。
シールド・スタンダードポジション・マウントラッチ1 シールド・スタンダードポジション・マウントラッチ2
シールドが付くとこんな感じ。腕からけっこう離れてますが、肩アーマーに接触しない絶妙な位置になります。(^ー’)d
シールド・スタンダードポジション全体像
定位置はアクションポーズを付けるとキマリにくいですが、素立ちはストイックだと思います。(^ヮ^)

<シールド・サイドポジション>

シールド・サイドポジション・マウントアーム1 シールド・サイドポジション・マウントアーム2
サイドポジションのアーム位置はこんな感じになります。
シールド・サイドポジション・マウントラッチ1 シールド・サイドポジション・マウントラッチ2
シールドが付くとこんな感じです。サイドポジションはアクションポーズが付けやすいですよね(^ヮ^)
シールド・サイドポジション全体像
ストイックさはスタンダードポジションに及ばずですが、”今風”な感じになりますね♪(^ヮ^)

シールド装着!全体像
まだシールドのディテ不足してるな~(^ヮ^;)

本体のディテがまだ終わってません・・。
シールドを弄ったら、ビームライフルも物足りなくなりました。
焦ってきた~(;´▽`A``

ではまた~(^ヮ^)ノ☆


テーマ:ガンプラ制作 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/31(月) 01:16:35|
  2. C.D.A版シャア専用ゲルググ改
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
次のページ

Profile

SHINO

Author:SHINO
よろしくです!

Information

Gundamer's creative Works
リニューアルしました。 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

HS月別アーカイブ

カテゴリー

※カテゴリー分類は11個まで

最新記事

最新コメント

リンク先新着

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。