不動産担保ローン Gundamer's creation

Gundamer's creation

イラストやガンプラで脳内イメージを創造するBlogです。

Gundamers_creation_bunner.jpg

スプリットミサイル(通常レジンプリント編)

こんばんは(^o^)

前回の続きになりますが、水洗いレジンの柔らかい感触に慣れないので、通常の光硬化レジンでプリントしてみようかと思い立ちました。

通常の光硬化レジンは洗浄用のIPAと各道具を準備しなければなりませんが、いろんなことを試してみたかったのです。

そこで、ElegooMarsには、とりまElegoo純正レジンだなと思いましたがグレーが売り切れのようでした。

ネットの情報だと光造形には透明系レジンの方が硬化に有利のようです。
透明だから奥まで光が届くため、ある意味1層ずつ光硬化するときに、さらに硬化も進むわけですね。

しかし、やはり細部の形状確認には不向きだからグレーがいい!
だから売り切れなのでしょう。

ここは、他メーカーのレジンを使ってみよう。何事も経験だ!
ということで、Photonで有名なAnycubicのグレーを選択。しかし、500mLは売り切れでしたので1Lを購入しました。やっぱりグレーが人気なのだな。
それでも水洗いレジンの半額くらいなのはリーズナブルですね。


そして、とりあえず設計変更無しのフレーム部分の4パーツをプリント。再設計中にプリントしてました。
印刷設定はTichuBoxにデフォルトで設定があるElegoo UVレジンの設定で。
露光時間 8秒
初期層露光時間 60秒

DSC_0739[1]_convert_20191207000819

いきなり完全に大成功ですよね。
これも、悩みの要因に。

そして設計変更終了後に他の部品をスライサーに並べてプリント。
DSC_0746[1]_convert_20191206235427

結果は失敗。サポートが途中で途切れていてパーツが脱落してました。
動揺したので写真撮ってませんでした(^o^;

結果から言うと露光時間が少なかったための硬化不良だったのですがフレームパーツが成功していたため
ミサイルパーツがやや大きいのでサポートが細いせいだなと解釈し
サポートを太くし、さらにネット情報でラフトを必ず付けるという人がいたので付けてみた。

そしたらビルドプラットフォームに何も無い!ええええええええええええっ!?
全く意味が分かりませんでした。
レジンタンクのレジンを空けてみるとFEPフィルムにラフトが貼り付いてました。
※ショックで写真なしw

結論から言うと初期層露光時間が短かったせいだったんですけど
さらにスケート形状のラフトは剥がれやすいんでしょうかね?

そこで、ネットで調べたところ、色々なレジンのプロファイルが掲載してあるHPを発見。
そこではAnycubicのグレーで積層ピッチ0.05の場合
露光時間 10秒
初期層露光時間 100秒

とありました。他にもメーカー、色、積層ピッチでプロファイルが違うもんだなぁと勉強になりました。

そういうことで、これでプリントしたところ成功しました。

DSC_0754[1]_convert_20191207085416

で、ミサイル3本足りないことに気付いた。
次回のプリントで一緒に出力しよう。



そして、通常レジンでのプリントに際し下記を準備しましたので参考まで。

1、IPA  (出力品、レジンタンク、ビルドプラットフォーム洗浄用)
2、瓶を3つ (出力品洗浄用)
3、タッパー  (ビルドプラットフォームとレジンタンク洗浄用)
4、大タッパー  (それらを収納して臭い封じ用)
5、天ぷら油切りバット(出力品洗浄前の余分なレジンを切る)
6、キムタオル
7、ナイロン製筆
8、IPA濾過用のコーヒーフィルター(IPA再利用)

DSC_0765[1]_convert_20191207092249
プリント後の洗浄手順
先ずは、ビルドプラットフォームに出力品を付けたままでキムタオルを敷いた天ぷら油切りバットの上において余分なレジンを切ります。
その間に、プリント後のレジンタンクのレジンをストレーナーを通してレジンボトルに戻します。この時、ナイロンの筆があると無駄を少なくすることができます。
それから、レジンタンクをタッパーで洗浄。
そしてビルドプラットフォームから出力品を外し、ビルドプラットフォームと出力品をタッパーに投入して洗浄。
このタッパーで出力品の1次洗浄をしてしまいます。
その後、瓶に出力品を入れ替えし2次洗浄。と3次洗浄をします。この手順でいくと瓶は2個で間に合います。
3個目は予備にしてコーヒーフィルターでろ過したIPAを使い回しましょう。

瓶に入れるIPAは半分くらいがベスト。振ってジャバジャバすることで洗浄力が上がります。
多めに入れるとジャバジャバしませんので。




こんなことで、苦労もあるがデジタル造形のテクニックを磨くことで精度と自由度が飛躍的に上がっています。

テクノロジーは利用するためにあり、そして、それに合わせたたテクニックが求められていると感じますね。


ではまた(^o^)


スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/07(土) 09:16:18|
  2. 1/144 ゲシュペンストMk1 TypeR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スプリットミサイル(設計変更編)

こんばんわ(^o^)

今日も寒くて風が強く換気が厳しいので、ブログ連投です。

さて今回は続きなんですが
リアヘビーの改善としてスプリットミサイルの中空化と材質変更をしたのですが、先ずは設計変更について。

はい、これ設計変更済のスプリットミサイルです。
そうです。外観は変更ありません。
DSC_0741[1]_convert_20191205213131

ガコン!
っと、開いてミサイル発射形態に!
Fusion360上達してきましたよ。
DSC_0740[1]_convert_20191205213623

これはSRW-TですがSRWOGと基本武装は同じですね。
このようにスプリットミサイルは1回の攻撃でコンテナごと射出し、それがパージされた後4発の誘導式ミサイルが敵に向かっていきます。


しかし、スペックでは12発撃てます。そして攻撃力が低いんです。
これオカシイでしょ。これはかなり前から違和感がありました。

そこで、推測なんですが一発分の攻撃力はミサイル1基分なのではないかと。
しかし、演出上派手にしたのだと。
そういったモヤモヤ感を具体的に立体化するのも模型の良い所だと思います。

だから映像の演出は「スプリットミサイルコンテナ射出」とかにして攻撃力4000くらいにすればよかったんだよね。
残弾分の攻撃力にするのもいいかも。
_20191205_224709[1]_convert_20191205231257

コンテナ上面を透明化すると、こんなクリアランスでミサイル6基が収まっています。
ミサイル前部はネオジム磁石をヒンジ代わりに装着しています。
DSC_0743[1]_convert_20191205232609

コンテナ上面の開閉もネオジム磁石でポジション変更します。
この辺の設計も3D CADならではですね。
DSC_0744[1]_convert_20191205232654

内部トラスディテールもなかなかカッコよくできたかなと思っています。
設計変更せずにいたらボークス・アクションフィギュアと同等の付加価値なので良かったと思います。

さて、次回は通常レジンプリント編です。


ではまた(^o^)

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/05(木) 23:44:23|
  2. 1/144 ゲシュペンストMk1 TypeR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スプリットミサイル(光造形初プリント編)

こんばんは(^o^)

今回は光造形編です。

ElegooMarsにはChituBoxというスライスソフトが付いてます。

3Dマウスが反応しないのは残念だがなかなか使いやすいです。
サポートを自動で取り付けてみました。
DSC_0689[1]_convert_20191204221201

レジンはWabHao製水洗いレジンを購入。
IPA洗浄の必要がないので水でジャバジャバ洗えるのはいいですね!

しかも、ほとんど臭いが気にならない。何時間もプリントするので臭いは気になるところでした。
DSC_0696[1]_convert_20191204231321

初めてのことばかりなのでネット上の情報をかなり参考にしています。
もう、3Dプリンターを購入してからヒマあればネットの情報を漁っていました。
水洗いレジンについては3D Printer kou氏の動画が役に立ちました。
水洗いレジンの露光時間などの設定などいろいろと参考になりました。

先ずはこの設定で出力したところ、サポートから脱落やプリント欠けがありましたのでサポートをやや過剰に取り付けてプリント。
自動サポートは参考にしかならないということですね。
そりゃモノが中空かムクかによっても重さを支えれるかどうかということもあるし、そこのパラメータのインプットは無いわけですからね。
しかし、過剰過ぎたなwww
DSC_0706[1]_convert_20191204225647

結果は成功。
2回目のプリントで概ね成功したので、割と簡単だなって思ってしまったんだよね。
DSC_0711[1]_convert_20191204232659
積層ピッチ 0.05
露光時間 12秒
プリント所要時間 3:30ほど
目に見えて積層痕がありますが、サフ前に足付けも兼ねて表面処理をするのでこのくらいでいいんじゃないかと思います。

早速、取付け。
形状的にはかなりバッチリ!
デジタルモデリングはもう2004くらいに発売していた月刊CharacterModelに掲載されていた3Dプリントしたパーツを使った作例を見た時からオレもやりたい!って思ってました。
あれから15年後、導入が遅くなってしまったが、ここまで来たかという感がありました。( ;∀;)
DSC_0715[1]_convert_20191204233520

DSC_0717[1]_convert_20191204233654

しかし、ムクでプリントしたため少しリアヘビーになってしまいました。
スライスソフトには中空にする機能もありますが、水洗いレジンは割れも発生しやすいということでムクでプリントしてみました。
ですが、中空にしたところでプリント中にレジン液が入ったままになると思われますし設計段階で分割が必要と思います。

また、水洗いレジンは柔らかめで切削しやすく模型向き。とのことでしたが
僕には柔らかい感触もあまり好きではないです。

IPA不要のメリットは絶大なんですが、これが残念なところです。
最近の情報ではElegooの水洗いレジンが良さげでしたが、まだ日本では未発売のようです。
また、同じWanHao製の水洗いレジンでも白色や透明色は少し硬いようです。

上記を熟慮した結果
1、中空にするついでに内部構造を再現する。
  これによりボークス・アクションフィギュアよりもプラモデルなりの精密感と付加価値がでる。
2、フレームに内蔵されるネオジム磁石のインサート部分の設計を変更し組み立て易くする。
3、柔らかさが余計なので、プラよりやや固いといわれる普通のレジンに変更する。
  IPA洗浄も含めてどんなものか体験することも目的。

ということで、設計変更~通常レジンプリント編は次回。

ではまた(^o^)



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/05(木) 00:23:30|
  2. 1/144 ゲシュペンストMk1 TypeR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スプリットミサイル(設計編)

こんばんは(^o^)
寒くなりましたね。

久しぶりになってしまいました。

さて、タイトルにありますスプリットミサイルコンテナというのはゲシュペンストシリーズは標準装備のごとく装備している背負いモノです。

しかし、コトブキヤのゲシュペンストMk2シリーズのキットはオミットされています。(改は装備)
これは設定画に描かれていないことが原因なのでしょうね。

ゲシュペンスト設定画
今回のベースキットは上の青いMk-2ですが、作ろうとしているのは下のMk-1です。
最初のPT(パーソナルトルーパー)です。大河原氏デザインです。
Mk-1にも3機あり、PTX-001 TypeSは最終的に敵として現れ撃墜されます。
PTX-002 TypeRは今回作成しているネタ。ギリアム・イェーガーの愛機でありOG1~OG2と活躍しOG外伝でTypeRVにアップデートされます。
そしてPTX-003TypeTESTはアルトアイゼンに改造されたという設定になっております。

そしてこれが本題のスプリットミサイルです。
※拾い物の画像ですが、これはボークス製アクションフィギュアのゲシュペンストMk-2です。
ボークスのはホントにスタイリングバッチリかっこいいですね。
ボークス ゲシュペンスト

今回のゲシュペンストはそもそもイオタプラス製作の合間に息抜きで作るつもりだったんですけど、作る内にアレもコレもしたいっていうモデラー特有の病気が発症してしまって、こんなことになってます。

長い記事になりますので続きは下記リンクから

続きを読む

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/03(火) 23:21:59|
  2. 1/144 ゲシュペンストMk1 TypeR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ターミネーター/ニューフェイト(ネタバレあり)

こんばんは(^-^)/

日曜日、ターミネーター最新作ニューフェイトを観てきました。

ターミネーターニューフェイト

ジェームズ・キャメロン監督作品ということで
これはターミネーター2の正当続編とのことです。

もうこれは、ターミネーター3、ターミネーター4ばかりか新起動ジェニシスまでパラレル化するという暴挙www

過去に行き、未来を変えるというのがテーマの根幹なので、ある意味いくらでもパラレル化が可能ではあるんだけどね。

でも正直、前作ジェニシスの続きを観たかったんですよね~。

最後に液体金属を纏ったT-800がどうなるのか続編が楽しみだったわけよ。
でも、ジェニシスは賛否両論だったみたいですね。僕的にはとても面白かったんですけど。

ターミネータージェニシス

ま、でもニューフェイトも面白かったですよ。
今作でシュワちゃんは最後と明言されてましたけど
ストーリー的にもスカイネットが阻止された後の世界でどうやってスカイネットに変わる機械軍(レギオン?)が発生したのか。
REV-9が破壊されただけでレギオン?発生を阻止できていない現状から続編製作は必至ですからね。

シュワちゃんが出なくても観たいですな~。


ではまた(^O^)/


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2019/11/12(火) 21:17:14|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

SHINO

Author:SHINO
よろしくです!

Information

Gundamer's creative Works
リニューアルしました。 プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

FC2カウンター

Twitter Time line

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

※カテゴリー分類は11個まで

HS月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

リンク先新着

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード